2019年1月 福井キヤノン社屋完成

福井キヤノン事務機の新社屋の名称をSL∞Pとしました。”S”は、Smart、Solution、Space(宇宙)、Starの意味を込め、”LOOP”は∞(無限)のSpiral upを表しています。

SL∞Pは、ビジネスオフィスの枠を超えた『新たな価値提供スタイル』『新たなワークスタイル』『新たなコミュニケーションスタイル』をコンセプトとし、常に新しい「何か」を想像・創造するスペースとして誕生しました。役職や所属、職種に関係なく、全社員が「お客様のために何ができるか?」を考える一人の人間として、最高のパフォーマンスを発揮できるよう活動をしています。今までに例を見ないSL∞Pの新しい「何か」をもって、すべてのお客様に無限の可能性を提供する福井キヤノンでありたいと考えています。

2F アクティブスペース

アクティブワークプレイスは、福井キヤノンの中心となる執務スペースです。役員フロアまで吹き抜けになっている高い天井は、社員の自由な発想を促すよう圧迫感を感じさせない造りとなっています。「コミュニケーションを取りたい」「静かに集中したい」「リラックスしながらアイディアを練りたい」など、社員の目的やその日の気分や体調に合わせて仕事ができるよう、カフェエリア、ハイカウンターエリア、リビングワーク、クワイエットルーム、チームワークスペースなど多彩な執務スペースを採用。

福井キヤノンの「働き方改革」は、社員自らが考え、行動し、新たな価値を創造しています。そのため、オフィスの活用方法も社員が使いやすいように工夫し、ワークスタイルも常に進化し続けています。

3F セミナールーム

100人収容できる広いセミナーホール。毎月お客様のお役に立つセミナーを開催しています。

1F エントランス

2F 受付